産後から腰痛や股関節痛、膝痛等に悩まれるママが多いです。当院にも多数来院されています。

 

妊娠中、特に後期から末期にリラキシンと呼ばれるホルモンが多く分泌されます。このホルモンは子宮弛緩因子とも呼ばれ、産道、骨盤周辺の関節や靭帯を柔らかくして赤ちゃんを生まれやすくすると言われています。産後、徐々に元の固さに戻りますが、抱っこや授乳、中腰や床への横座りなど、普段とは異なる姿勢が増え歪んだ状態で固まっていきます。その結果、骨盤周辺の痛みに繋がると考えられます。

骨盤は身体の真ん中にあります。そこが歪むと腰、股関節、膝の位置がずれます。その結果、痛みに繋がりやすくなります。当院では骨盤周辺を調整し、全身の歪みを取り除く事で痛みの改善を目指します。

 

痛みのある個所はあまり触れません。痛いところに原因は無いからです。痛みの原因にアプローチして根本改善するのが当院の施術。産後から不調が続いてる方は、まずはお話だけでもお聞きしますので、お気軽にご相談ください。